引越しをお考えの方は単身引越しも格安のスタームービングにお任せください! 東京-横浜-川崎-大阪

賃貸住宅 敷金トラブルもお任せ!

敷金トラブルもお任せ!

 

 

無料お見積もり

 

新サービス5チョイスサービス開始!

 

 

 

 

 

 

 

スターマンの味方!日本敷金診断士会と提携致しました。

 

敷金・保証金はあなたの大切な"資産"です。

日本敷金診断士協会は、特定非営利活動法人(内閣府)日本住宅性能検査協会に認定された敷金診断士が運営する団体です。
全国各地に活動支部を配置しており、無料電話相談から必要な場合は現地に伺うなどし、現状回復費用を正しく査定。年間2000件以上の立会い実績を誇っています。

また適正な敷金・原状回復費用精算をサポートすべく、独自の研修制度を設けたり、敷金・保証金問題解決のためのエキスパートとして必要となる法令や判例等の調査・研究などを行うといった敷金診断士の自己研鑽を支援しています。
更に敷金・保証金に関する問題をより円滑に解決していくために、弁護士・司法書士・不動産鑑定士といった問題に関係し得る各種の専門家とのネットワーク構築のための各種活動を行っています。

 

敷金バスター

現場に直行、現場で解決

賃貸物件の退去時、私たち"敷金バスター"が、建物の使用状況や修繕費用を正しく見積もり、適正な原状回復費用を算出いたします。

 

過去の実績

年間2000件以上の立会い実績
・無料相談問合せ実績 年間3000件以上

■汚損、破損が「通常の使用」において発生する程度のものであり、クリーニング義務を果たしているならば、結果的に敷金の80%は返還されています。

 

 

敷金・保証金とは?

"敷金"とは家賃の滞納や室内の破損など大家さんに迷惑を掛けたときに、入居者が支払えない、支払わない場合差引くことができる預け金(敷金)です。 

 

原状回復とは?

契約書をご覧いただくと、必ず書かれている言葉です。この原状回復の解釈をめぐって大家さんと入居者の意見が食い違います。
判例やガイドラインを参考にすると、「収去義務」であるとされています。つまり"自分で部屋に持ち込んだものは自分で出しなさい"ということです。
オーナーさん側でよく誤解されているような、"新品で貸したものを新品で返してもらうという"ことではありません。入居者が敷金から差し引かれるお金は、"普通の生活"以外で汚してしまったものや壊してしまったものに対する損害賠償ということになります。また、仮に壊したり汚してしまったとしても賃貸期間による減価償却を考慮して判断するべきものです。

 

特約条項とは?

私たちが確認した契約書の半数以上にこの"特約条項"というものが含まれています。
例えば・・・・"畳表替・襖交換・室内クリーニング費用は理由の如何に関わらず乙(入居者)の負担とする。"
このように特約条項というのはほとんどの場合、大家さんに有利な条件をもたらすための契約条項として使われています。
正当性を主張するために赤字で書かれているものや条項の上に捺印させられるケースまであります。
このような弱い立場にある"一般消費者に一方的に不利な条件を約束させる条項"は、"無効"という判例が多く出されています。
契約書にハンコを押してしまっても、その内容が消費者に不利な不合理な内容であれば、無効なのです。

 

 

日本敷金診断士会

日本敷金診断士会へお問い合せの際は、「スタームービングの紹介です」とお伝えください。